新曲(New Song)

洋楽 Now and Thenー(97)


新曲(New Song)2022.4~5


今回は新曲(MV)の紹介です。
2022年4月から5月上旬にリリースされた曲
及びMVから紹介します。


Lizzo(リゾ)待望の新曲が出ました。
既にチャートに入ってます。

Ed Sheeran(エドシ・ーラン)-2step ft. Lil Baby
のMVは、ロシア侵攻前の Kyiv, Ukraine
ウクライナのキーウ(キエフ)で撮影されました。


① Justin Bieber-Honest ft. Don Toliver
② Sam Smith-Love Me More
③ Ed Sheeran-2step ft. Lil Baby
④ Lizzo-About Damn Time
⑤ Khalid-Skyline
⑥ Alesso-Words ft. Zara Larsson


Justin Bieber-Honest ft. Don Toliver

Sam Smith-Love Me More

Ed Sheeran-2step ft. Lil Baby

Lizzo-About Damn Time

Khalid-Skyline

Alesso-Words ft. Zara Larsson


スポンサーリンク

特集ータイトルに色(Color in the Title)がある曲-(3)

洋楽 Now and Thenー(96)


タイトルに色(Color in the Title)がある曲-(3)


色(Color)がタイトルに入った曲の特集 3回目です。

今回は、「Red」(赤) の特集です。


「Red」(赤) に対する連想としては、以下のように
解説されています。

太陽、血、炎などが多く、赤が象徴する代表的なもの
としては、情熱、興奮、恋、危険などがあげられる。
赤を見たときに生じる感じとしては、はで、暖かい
情熱的、強い、動的、陽気、興奮といったものが
あげられる。

このように赤の印象は、外へ向けエネルギーを
発散させるという感じである。

赤は刺激の性質として強いため、目につきやすい
といわれる。
このことと連想、象徴の内容などから交通信号の
「止まれ」を示すサインとして用いられたり、火に
関係する器具類などに使用されたりしている。
安全色彩において、赤は消火器、火災報知器などに
使用することになっているのも、赤のもつ視覚的
性質が考慮されているからである。

日本大百科全書(ニッポニカ) 「赤」の解説から



次の6曲を選びました。

① Red-Taylor Swift (2013)
② Red Eye-Justin Bieber ft. Troy Boi (2021)
③ Red Lights-Tiesto (2013)
④ Red Headed Woman-Bruce Springsteen (1993)
⑤ Little Red Corvette-Prince (1983)
⑥ Red Roses For A Blue Lady-Wayne Newton (1965)


Taylor Swift-Red

「彼への思いは、燃えるような赤だった」と
元ボーイフレンドに対する彼女の感情を歌って
います。
 



Justin Bieber-Red Eye ft. Troy Boi

「Red Eye」 は、航空機の「夜行便」の意味がある
そうです。 十分に寝る時間がなく、眼も充血して
しまうということですね。
 



Tiesto-Red Lights

Tiesto(ティエスト)は、オランダ出身のDJで
プロデューサーです。
「Red Lights」は、US Billboard Hot 100で56位
Dance Club Songsチャートで2位を獲得しました。
 



Bruce Springsteen-Red Headed Woman

ブルース・スプリングスティーンは、1991年に結婚
した2人目の妻、赤毛のパティ・シアルファについて
この曲を書いたそうです。
 



Prince-Little Red Corvette

プリンスは、小さな赤いコルベット(スポーツカー)
を女性に例えています。
 



Wayne Newton-Red Roses For A Blue Lady

「ブルー・レディに紅いバラ」は、1948年の作品で
カバー曲も多くありますが、1965年のWayne Newton
(ウェイン・ニュートン)の曲を紹介します。
つまらない喧嘩をして、憂鬱な気分になっている
彼女に、赤いバラを届けて気を取り直そうという
歌です。
赤いバラには、それだけの効果があるということ
だと思います。
 



スポンサーリンク

特集ー同名異曲(Different Songs with the Same Title)

洋楽 Now and Thenー(95)


同名異曲(Different Songs with the Same Title) (2)


「タイトルは同じでも違う曲」の特集  2回目です。

今回は、「Gold」(金) です。

貴重で価値があるものとして
古代から富や権力の象徴ともされてきた「金」です。
単に金色の物を見るだけでも癒される気がします。
「Gold」(金)には、人を惹き付ける魅力・魔力がある
のだと思います。


以下の6曲を選びました。

① Gold-Spandau Ballet (1983)
② Gold-Prince (1995)
③ Gold-Imagine Dragons (2014)
④ Gold-Kiiara (2015)
⑤ Gold-Chet Faker (2014)
⑥ Gold-JOHN STEWART ft. Stevie Nicks (1979)


Spandau Balle-Gold (1983)

Spandau Balle(スパンダー・バレイ)は、1979年に
イギリスでKemp兄弟を中心に結成されたバンド
です。 イギリス以外では人気が出ず、それでも
1983年、「True」が全米チャート4位とヒットします。
しかし、その後が続かず米国では、一発屋と見られ
ているようです。 




Prince-Gold (1995)

MVは、プリンス自身が監督しています。
プリンスの死後2017年に公開されました。
 



Imagine Dragons-Gold (2014)

触る(touch)ものは、なんでも黄金に変える手を
持つという、ギリシア神話に登場するプリュギアの
都市ペシヌスのミダス王の話が基にあります。




Kiiara-Gold (2015)

Kiiara(キアーラ)は
米国シカゴ出身のシンガーソングライター。
2015年の「Gold」は、US Billboard Hot 100で
最高位13位を記録しました。




Chet Faker-Gold (2014)

Chet Faker(チェット・フェイカー)は
オーストラリア出身のミュージシャンです。
MVの監督は、日系のヒロ・ムライで、曲と
ローラースケートダンスが妙に合っている
感じがします。
この後2018年に、ヒロ・ムライは
Childish Gambino(チャイルディッシュ・ガンビーノ)
の「This Is America」のMVで監督を務め、グラミー賞
最優秀ミュージック・ビデオ賞を受賞します。
  



JOHN STEWART ft. Stevie Nicks-Gold (1979)

John Stewart(ジョン・スチュワート)は、米国の
ミュージシャンで、1960年代のフォークグループ
the Kingston Trio(キングストントリオ)での
活躍で知られます。
その後、ソロ、作曲活動に入り、the Monkees の
No.1ヒット「Daydream Believer」や自身の「Gold」
を作曲します。
2008年に68歳で亡くなっています。




スポンサーリンク

最近の洋楽CM曲

洋楽 Now and Thenー(94)


最近の洋楽CM曲 (4)


今回は、「最近の洋楽CM曲」の特集です。

CMでは、曲の一部分だけですが、一曲通して
また、MVを見ると違った世界が見えてきます。


Sia-Unstoppable (2016)

Samsung Galaxy S22/S22 Ultra CM
「最新 Galaxy Sシリーズ発売!」篇


Sia(シーア)の2016年リリースの曲です。
2021年に、ライブ映像のMVが公開されましたので
紹介します。

Sia-Unstoppable
(Official Video
-Live from the Nostalgic For The Present Tour)




Sparks-This Town Ain't Big Enough For Both Of Us
(1974)

The new iPad Air / Election / Apple


Sparks(スパークス)は、1970年に米国の兄弟二人
によって結成されたバンドです。
曲を聴くとわかりますが、あまりアメリカ的な
感じがしません。 ということで、この曲は米国
ではヒットせず、ヨーロッパ特にイギリスで
ヒットしています。
現在も活動していて、カルト的なファンが多い
ようです。


Sparks-This Town Ain't Big Enough For Both Of Us





スポンサーリンク

特集ータイトルに色(Color in the Title)がある曲-(2)

洋楽 Now and Thenー(93)


タイトルに色(Color in the Title)がある曲-(2)


色(Color)がタイトルに入った曲の特集2回目です。

今回は、「Black」 (黒) の特集です。

「黒 」 については
じみ、暗い、重々しい、沈んだ、などといった一般的な
印象があり、さらに、抽象的には、不安、死、陰気、孤独
といったように暗闇(くらやみ)的なことに結び付き
やすいと言われます。

国や地域による、言い伝えや迷信的なこともあり
曲のタイトルについては、個々に調べてみる必要が
ありそうです。

次の7曲を選びました。

① Black Swan-BTS (2020)
② Black Magic-Little Mix (2015)
③ Black Widow-Iggy Azalea ft. Rita Ora (2014)
④ Black Cat-Janet Jackson (1990)
⑤ Black Is Black-Los Bravos (1966)
⑥ Paint It, Black-The Rolling Stones (1966)
⑦ Black Dog-Led Zeppelin (1971)


BTS-Black Swan

Black swan(ブラックスワン=黒鳥)とは
カモ科の鳥。 翼長46cm。 ハクチョウ類の一種で
体形はハクチョウに似るが、全身黒色で風切羽の
一部は白い。 オーストラリア原産の水鳥で観賞用
として動物園や公園でよく飼育される。
(百科事典マイペディアの解説)

さらに、以下のような意味もあります。
ブラック・スワン(黒い白鳥)とは、金融市場に影響
する事象についての形容で、めったに起こらないが
発生すると市場に壊滅的な被害をもたらす事象を
さす。 欧州では長いこと白鳥はすべて白色だと信じ
られてきたが、1697年に黒い白鳥が発見され
鳥類学者の常識が大きく崩された事に由来する。
2008年の世界規模の金融危機リーマン・ショック
は、現代の代表的なブラック・スワン(黒い白鳥)と
される。
(知恵蔵miniの解説要約)

 



Little Mix-Black Magic

Black Magic(黒魔術)とは
邪悪な意図のために行う魔術で、呪いにより対象を
破滅させたり、悪影響を及ぼす術の総称とされます。
ほどほどにしましょう。




Iggy Azalea ft. Rita Ora-Black Widow

black widow(ブラック・ウィドウ)とは、北アメリカ
原産のゴケグモ属のクロゴケグモ(黒後家蜘蛛)の
英名。 この種のメスにみられる特有の黒と赤の模様
や、メスが交尾し終わった後のオスを捕まえて食べる
場合があることでよく知られている。 毒は、健康な
人間が危機に陥ることは滅多になく、咬まれること
での死亡率は1%未満である。
「Wikipedia」 より




Janet Jackson-Black Cat

クロネコヤマトさんにはお世話になってますが
黒猫については迷信として、夜、黒猫が前を横切
ると「不吉」なことと思われる反面
黒猫は幸運の象徴として大切にしている国もある
ようです。

Janet Jackson(ジャネット・ジャクソン)の
1990年にリリースされた曲で、珍しいハードロック
の曲調で、ビルボード・ホット100で1位を獲得して
います。

 


Los Bravos-Black Is Black

Black Is Black(ブラック・イズ・ブラック)は
スペインのバンド、Los Bravos(ロス・ブラボス)
の楽曲で、1966年にリリースされ
USビルボード・ホット100で第4位になるなど
世界的にヒットしました。

 



The Rolling Stones-Paint It, Black

Paint It, Black(黒くぬれ!)は
ローリング・ストーンズの楽曲で1966年に
リリースされ、全英、全米共に1位を記録しました。
最愛の人との突然の別れを歌っています。

 



Led Zeppelin-Black Dog

Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)1971年の曲
です。

Wiki情報によると、曲名については
イギリス全土に伝わる黒い犬の姿をした不吉な
妖精の「Black Dog」とは何の関係もなく
スタジオの周囲をうろついていた黒色の野良犬に
由来し、さらに、その犬と歌詞とはまったく関係が
ないと説明されています。

 




スポンサーリンク

プロフィール

o0bt5iphim4u

Author:o0bt5iphim4u
FC2ブログへようこそ!

ビートルズの出現以降、1964年頃から洋楽を聴いています。 そんなことで、突然相当むかしの曲を思い出したりします。

カテゴリ

スポンサーリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR