特集ーKid Rock/Uncle Kracker

洋楽 Now and Thenー(27) 


Kid Rock/Uncle Kracker 


今回は 
Kid Rock(キッド・ロック)とUncle Kracker(アンクル・クラッカー) 
の特集です。 

まったくのカントリーというわけではありませんが 
カントリー色の強いシンガーで、お互いつながりも あります。 



Kid Rock(キッド・ロック) 


1971年米国出身、活動期間(1990年~ ) 
 
キッド・ロックは、本名とは異なりバンド名と同義です。 
構成は、バック・バンドがTwisted Brown Trucker Band(TBT)) 
ボーカル担当がキッド・ロックです。 

長いインディーでの活動後ヒットアルバムを連発して 
トップシンガーの地位を確立しています。 


① Kid Rock-Picture ft. Sheryl Crow (2002) 
② Kid Rock-All Summer Long (2008) 
③ Kid Rock-Only God Knows Why (1999) 
④ Kid Rock-First Kiss (2015) 
⑤ Kid Rock-Born Free (2010) 


Kid Rock-Picture ft. Sheryl Crow (2002)  

 Kid Rock-All Summer Long (2008)  

 Kid Rock-Only God Knows Why (1999)

Kid Rock-First Kiss (2015)  

Kid Rock-Born Free (2010)
 



Uncle Kracker(アンクル・クラッカー) 


1974年米国出身、活動期間(1997年~ ) 
本名は異なります。 
当初、キッド・ロック(Kid Rock)のDJを担当、その後 
ソロボーカルとして活動を始めています。 

「Drift Away」は、多くの歌手にカバーされた曲で 
MVでは、1973年にカバーしたDobie Gray(ドビー・グレイ) 
をフィーチャーしています。 


① Uncle Kracker-Follow Me (2000) 
② Uncle Kracker-Smile (2009) 
③ Uncle Kracker-Drift Away ft. Dobie Gray (2003) 
④ Uncle Kracker-Good To Be Me ft. Kid Rock (2010) 
⑤ Uncle Kracker-In A Little While (2002)  


 Uncle Kracker-Follow Me (2000) 


 Uncle Kracker-Smile (2009)


 Uncle Kracker-Drift Away ft. Dobie Gray (2003) 


 Uncle Kracker-Good To Be Me ft. Kid Rock (2010) 


 Uncle Kracker-In A Little While (2002) 




  スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

o0bt5iphim4u

Author:o0bt5iphim4u
FC2ブログへようこそ!

ビートルズの出現以降、1964年頃から洋楽を聴いています。 そんなことで、突然相当むかしの曲を思い出したりします。

最新コメント

カテゴリ

スポンサーリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR