最近の洋楽CM曲

洋楽 Now and Thenー(101)


最近の洋楽CM曲 (5)

今回は、「最近の洋楽CM曲」の特集です。
CMでは、曲の一部分だけですが、一曲通して
また、MVを見ると違った世界が見えてきます。


Wilson Pickett-Land of 1000 Dances (1966)

Galaxy S22|S22 Ultra:TVCM  
 Wilson Pickett-Land of 1000 Dances  


今回は
Land of 1000 Dances (ダンス天国)について
掘り下げます。

CM使用曲は
Wilson Pickett(ウィルソン・ピケット)の
「Land of 1000 Dances」(1966)ですが
元曲は、1962年にニューオーリンズ出身の
R&B歌手・作曲家の
Chris Kenner(クリス・ケナー)の作曲した
曲です。

この曲は、ウィルソン・ピケット以外にも
Ike & Tina Turner(アイク&ティナ・ターナー)
など多くのアーティストによってカバーされ
ました。

ウィルソン・ピケットは、2006年に64歳で
亡くなっています。


日本では、The Walker Brothers の曲が人気

日本では、特異な現象がありました。
ウィルソン・ピケット、アイク&ティナ・ターナー
ではなく
The Walker Brothers(ウォーカー・ブラザーズ)
の人気が異常といえるほど高く
Land of 1000 Dances(ダンス天国)といえば
ウォーカー・ブラザーズの曲を思い出す人も多い
と思います。
 


日本で爆発的人気だった
The Walker Brothers(ウォーカー・ブラザーズ)
とは

米国のバンドでしたが1960年代中頃に英国に
渡り成功しました。
カバー曲の「ダンス天国(邦題)」
「太陽はもう輝かない(邦題)」のヒットで
知られます。

日本での人気は特別で、解散していたにも
かかわらず、1968年日本で臨時再結成をし
日本武道館で公演を行っています。
その後再結集があり、1978年に活動停止
したようです。

2011年にジョン・ウォーカーさん
2019年にスコット・ウォーカーさんが亡く
なっています。


Land of 1000 Dances(ダンス天国) その後

1994年
ジャマイカのレゲエアーティストIni Kamoze
(イニ・カモゼ)がウィルソン・ピケットの曲を
サンプリングした
「Here Comes the Hotstepper」をリリースして
全米チャート1位とヒットします。 



さらに、その後

2020年1月にリリースされた
Further Up (Na Na Na Na Na)という曲が
あります。
イスラエルのデュオ、Static & Ben El
(スタティック&ベン・エル)の曲で
米国のラッパーPitbull(ピットブル)が
参加しています。

1994年のイニ・カモゼのヒット曲
「Here Comes the Hotstepper」のサンプル
です。
 


耳に付く、「naaaa na na na naaaa..」は
これからもサンプリングされていきそうです。



スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

o0bt5iphim4u

Author:o0bt5iphim4u
FC2ブログへようこそ!

ビートルズの出現以降、1964年頃から洋楽を聴いています。 そんなことで、突然相当むかしの曲を思い出したりします。

カテゴリ

スポンサーリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR