特集ー日本人が出演しているMV

洋楽 Now and Thenー(71)


日本人が出演しているMV(ミュージックビデオ)


今回は
日本人が出演している洋楽MVの特集です。

本ブログにある
「日本で撮影されたMV」とダブるものについては
除きました。


Sia-Alive (2015)

空手少女・高野万優(まひろ)
天才空手少女として話題になり、ビデオ出演時は
9歳でした。

全日本少年少女空手道選手権大会の形(女子)で
2013年~2018年の6連覇を達成しています。

昨年(2021)の東京オリンピックは、年齢制限のため
出場できませんでした。 (中学3年、14歳)
引き続き空手は頑張っているようです。


日本版の公式MVは、土屋太鳳でした。
Siaー「アライヴ feat.土屋太鳳/Alive feat.Tao Tsuchiya」 (2016) 



The Weeknd

ウィークエンドのMVには、日本がらみのものが
多いです。

「I Feel It Coming ft. Daft Punk」(2016)には
水原希子(国籍:米国) が

「Blinding Lights」(2019) には
米国で活躍している、モデルのミキ・ハマノが
出演しましたが、今回は他のMVを紹介します。


The Weeknd-In The Night (2015)

日本語のセリフがありますが、この方
YOSHIHISA KUWAYAMA(桑山義久)という人で
東京出身でニューヨークに渡り、1997年に
演技と剣術を始め、2003年には武刀剣劇団を
立ち上げ、太刀まわりを教えたり、自ら、映画
CM等にも出演しているようです。



Sumo Wrestler(スモー・レスラー) Yama

四股名「 山本山」という、最高位西前頭9枚目
の大相撲の力士でしたが、2011年に引退し
その後渡米、「Yama」という芸名でタレント
活動をしています。

CMの力士役や、世界的ヒット曲MVの出演も
多く、成功していると言えます。


One Direction-Steal My Girl (2014)

Ed Sheeran-Shape of You (2017)

Ed Sheeran-Overpass Graffiti (2021)




スポンサーリンク

特集ー曜日(day of week)がタイトルにある曲

洋楽 Now and Thenー(70)


曜日(day of week)がタイトルにある曲


今回は
曜日がタイトルに入っている曲の特集です。

一週間の流れについての感じ方は人それぞれと
しても、休みの前は何か楽しく、仕事が始まる
前は何となく気が重いというのは、世界共通の
認識のようです。

ということで、「Friday」、「Saturday」が多い結果
になりました。


① Monday, Monday-The Mamas & The Papas
② Manic Monday-Prince
③ Last Friday Night(T.G.I.F)- Katy Perry
④ Friday I'm in Love-The Cure
⑤ Friday Night-Arabesque
⑥ Saturday Night- Bay City Rollers
⑦ Saturday in the Park-Chicago
⑧ Saturday Sun-Vance Joy
⑨ Saturday-Twenty One Pilots
⑩ Sunday Morning-Maroon 5 



The Mamas & The PapasーMonday, Monday (1966)
全米No.1を記録
 

Prince-Manic Monday (1984)


Katy Perry-Last Friday Night(T.G.I.F) (2011)
全米No.1を記録


The Cure-Friday I'm in Love (1992)


Arabesque-Friday Night(1978)
ディスコ時代に日本で人気のあった、西ドイツ発のグループ。


Bay City Rollers-Saturday Night (1975)
スコットランド出身のボーイバンド。 全米No.1を記録
 

Chicago-Saturday in the Park (1972)


Vance Joy-Saturday Sun (2018)  
  
Twenty One Pilots-Saturday


Maroon 5-Sunday Morning (2004)
MVのアイデアは日本で得たようです。



スポンサーリンク

特集ーThe Bangles

洋楽 Now and Thenー(69)


The Bangles


今回は
The Bangles(バングルス) の特集です。

(1981~1989 2000~ )
1981年に結成された、米国の女性ポップロック
バンドです。

1986年にPrince(プリンス)から提供された
「Manic Monday」が米・英のチャートで2位と
大ヒット。
続く、「Walk Like an Egyptian」が全米1位と
成功します。

その後もヒットに恵まれますが、1989年に
活動停止し、2000年に活動再開しています。

「Walk Like an Egyptian」 (1986)
「Eternal Flame」 (1989)
2曲が全米No.1を記録しています。

カバー曲
「Hazy Shade of Winter」(1987)は
Simon & Garfunkel(サイモン&ガーファンクル)
1966年のカバーです。
1987年の米国映画
「Less Than Zero」(レス・ザン・ゼロ)の
サウンドトラックとして使用し、全米2位と
ヒットしました。


① Manic Monday (1986) 
② If She Knew What She Wants (1986)
③ Walk Like an Egyptian (1986)
④ Walking Down Your Street (1987)
⑤ Hazy Shade Of Winter (1987)
⑥ In Your Room (1988)
⑦ Be With You (1989)
⑧ Eternal Flame (1989)


Manic Monday (1986) 

If She Knew What She Wants (1986)

Walk Like an Egyptian (1986)

Walking Down Your Street (1987)

Hazy Shade Of Winter (1987)

In Your Room (1988)

Be With You (1989)

Eternal Flame (1989)


スポンサーリンク

特集ーPet Shop Boys

洋楽 Now and Thenー(68)


Pet Shop Boys


今回は
Pet Shop Boys(ペット・ショップ・ボーイズ)
の特集です。

1981~
1981年にイギリスのロンドンで結成された
ボーカルとキーボードリストのシンセ・ポップ
デュオです。

1984年リリースで不振だった「West End Girls」
の別バージョン再録音盤(1985年)が大ヒット
(英・米でNo.1)し、世界的にも認知されます。

その後は、時流のディスコやダンスミュージック
にも通じる独特の世界観で活躍してきました。

カバー曲
「Always On My Mind」(1987)は
Elvis Presley(エルヴィス・プレスリー)

「Go West」(1993)は
Village People(ヴィレッジ・ピープル)
のカバー曲です。


① West End Girls (1985) 
② Love Comes Quickly (1986)
③ Suburbia (1986)
④ What Have I Done to Deserve This
  (with Dusty Springfield) (1987)
⑤ It's A Sin (1987)
⑥ Always On My Mind (1987)
⑦ Domino Dancing (1988)
⑧ So Hard (1990)
⑨ Go West (1993)
⑩ New York City Boy (1999)


West End Girls (1985) 

Love Comes Quickly (1986)
Suburbia (1986)

What Have I Done to Deserve This(with Dusty Springfield) (1987)

It's A Sin (1987)

Always On My Mind (1987)

Domino Dancing (1988)

So Hard (1990)

Go West (1993)

New York City Boy (1999)


スポンサーリンク

特集ーREO Speedwagon

洋楽 Now and Thenー(67)


REO Speedwagon


今回は
REO Speedwagon(REOスピードワゴン)
の特集です。

1967年結成の米国のロックバンドです。
1971年にデビュー、主に国内を回るライブバンド
として地道に活動します。

1980年のアルバムがヒットし、Top40 hit 4曲を
輩出、アルバムセールスが1千万枚を超えます。

1980年代後半からメインストリームとしての人気
は衰えますが、ハードロックからロック、ポップ
アダルトコンテンポラリーと幅広い演奏スタイル
により、ライブでの人気は保ちます。

全米No.1 hit 2曲
「Keep On Loving You」(1980)
「Can't Fight This Feeling」(1984)
Top40 hit 13曲を記録しています。


① Time for Me to Fly (1978) 
② Roll with the Changes (1978)
③ Keep on Loving You (1980)
④ Take It on the Run (1981)
⑤ Keep The Fire Burning (1982)
⑥ Can't Fight This Feeling (1984)
⑦ Live Every Moment (1985)
⑧ I Don't Want To Lose You (1988)


Time for Me to Fly (1978) 

Roll with the Changes (1978)

Keep on Loving You (1980)

Take It on the Run (1981)

Keep The Fire Burning (1982)

Can't Fight This Feeling (1984)

Live Every Moment (1985)

I Don't Want To Lose You (1988)


スポンサーリンク

特集ーFoo Fighters/Goo Goo Dolls

洋楽 Now and Thenー(66)


Foo Fighters/Goo Goo Dolls


今回は
Foo Fighters(フー・ファイターズ) と
Goo Goo Dolls(グー・グー・ドールズ)
の特集です。

どちらも、1990年代中盤から活躍している米国
出身のオルタナティヴ・ロックバンドで、現在も
活動しています。


Foo Fighters(フー・ファイターズ)

活動期間:1994年~
元ニルヴァーナのドラマー、デイブ・グロールの
主宰によって1994年に結成されたバンドです。

これまで、ベスト・ロック・アルバム賞4回を含み
12のグラミー受賞歴と実績があります。
2021年にロックの殿堂入りを果たしています。


Dave Grohl(デイブ・グロール)について

1969年生まれ (53歳)
ニルヴァーナ時代のドラムからギター担当の
フロントマンとなりました。

MVでは、女装するなど茶目っ気がありますが
自らMVの監督もして、後にはドキュメンタリー
の監督をするなどの才能もあります。

資産家でもあるようで、以前、世界で最も裕福な
ドラマーとして、Ringo Starr(リンゴ・スター)
とPhil Collins(フィル・コリンズ)のあとに
名前が載ったことがあります。


追記
ドラムのTaylor Hawkins(テイラー・ホーキンス)
が、2022年3月25日(現地時間)  南米ツアー中の
コロンビアのボゴダで死去。(享年50歳)


① Big Me (1996) 
② Learn To Fly (1999)
③ Times Like These (2003)
④ The Pretender (2007)
⑤ Walk (2011)
⑥ These Days (2011)


Big Me (1996) 

Learn To Fly (1999)

Times Like These (2003)

The Pretender (2007)

Walk (2011)

These Days (2011)



Goo Goo Dolls(グー・グー・ドールズ)

活動期間:1986年~
バンドは1986年に結成され、インディーズ時代を
経て、1995年リリースのアルバムからのシングル
「Name」のヒットでブレイク。
1998年には、バンド最高のヒットとなる
「Iris」を発表します。

「Iris」は、1998年米国映画「City of Angels」の
主題歌に起用され、世界的にもヒットしました。

バンドは、現在でも精力的に活動していて
昨年(2021年)のインタビューでは今年(2022年)
中にニューアルバムをリリースする予定だと
述べています。


① Name (1995) 
② Slide (1998)
③ Iris (1998)
④ Better Days (2005)
⑤ So Alive (2016)
⑥ Miracle Pill (2019)


Name (1995) 

Slide (1998)

Iris (1998)

Better Days (2005)

So Alive (2016)

Miracle Pill (2019)


スポンサーリンク

特集ーHeartwarming Songs(心温まる歌)

洋楽 Now and Thenー(65)


Heartwarming Songs(心温まる歌)


今回は、ほっこりと心温まる歌の特集です。

家庭や家族をテーマにしたものが多いように
思います。

恋愛については、ぎこちないと何となく応援
したくなりますね。

人間ばかりでなく、精霊が見ていることも
あります。


① HONNE-WHAT WOULD YOU DO? ft. Pink Sweat$ (2021)
② Jax-Like My Father (2021)
③ Billy Joel-Lullabye(Goodnight My Angel) (1994)
④ Carrie Underwood-Mama's Song (2010)
⑤ Backstreet Boys-No Place (2019)
⑥ Keane-Somewhere Only We Know (2004)
⑦ Sixpence None the Richer-Kiss Me (1998)


HONNE-WHAT WOULD YOU DO? ft. Pink Sweat$ (2021)

Jax-Like My Father (2021)

Billy Joel-Lullabye(Goodnight My Angel) (1994)

Carrie Underwood-Mama's Song (2010)


Backstreet Boys-No Place (2019)

Keane-Somewhere Only We Know (2004)

Sixpence None the Richer-Kiss Me (1998)


スポンサーリンク

特集ーK-POP

洋楽 Now and Thenー(64)


K-POP


今回は、K-POPの特集です。
人気のBTSや女性グループBLACKPINKを除き
ここ2~3年で気になった曲を紹介します。


① Monsta X-WHO DO YOU LOVE? ft. French Montana (2019)
② Monsta X-YOU CAN'T HOLD MY HEART (2020)
③ LOONA-Star (2020)
④ CHUNG HA x R3HAB-Dream Of You (2020)
⑤ TWICE-The Feels (2021)


Monsta X-WHO DO YOU LOVE? ft. French Montana (2019)

Monsta X-YOU CAN'T HOLD MY HEART (2020)

LOONA-Star (2020)

CHUNG HA x R3HAB-Dream Of You (2020)

TWICE-The Feels (2021)


スポンサーリンク

特集ー新曲(New Song)2022.1~

洋楽 Now and Thenー(63)


新曲(New Song)2022.1~


今回は新曲(MV)の紹介です。
2022年になり新曲も出始めました。

Adele(アデル)の「Oh My God」は、2021年11月にリリース
されていますが、MVは2022年1月12日に公開されました。

カントリーのKane Brown(ケーン・ブラウン)は、Tatoo好き
なようで腕にもすごいTatooが入ってますが、首の「愛」は
目を引きますね。


① Adele-Oh My God
② The Weeknd-Out Of Time
③ Alesso、Katy Perry-When I'm Gone
④ Shawn Mendes-It'll Be Okay
⑤ JP Cooper-Need You Tonight ft. RAY BLK
⑥ Kane Brown-Whiskey Sour


Adele-Oh My God

The Weeknd-Out Of Time

Alesso、Katy Perry-When I'm Gone

Shawn Mendes-It'll Be Okay

JP Cooper-Need You Tonight ft. RAY BLK

Kane Brown-Whiskey Sour


スポンサーリンク

特集ーLifehouse/Matchbox Twenty

洋楽 Now and Thenー(62)


Lifehouse/Matchbox Twenty


今回は
Lifehouse(ライフハウス) と
Matchbox Twenty(マッチボックス・トゥエンティ )
の特集です。

どちらも米国出身のオルタナティヴ・ロックバンド
ですが、ともに、その活躍に比して日本での知名度
は低いという共通点があります。


Lifehouse(ライフハウス)

活動期間:1999年~
米国カリフォルニア州出身のバンドです。

2000年にデビューアルバムをリリース。
同アルバムからのシングル「Hanging By A Moment」
が、ビルボードのモダンロックトラックスチャートで
1位を記録、Hot100でも2位となり大ヒットします。
その後リリースしたアルバムからもコンスタントに
ヒットシングルを出しています。


① Hanging By A Moment (2000) 
② You And Me (2005)
③ Whatever It Takes (2007)
④ Halfway Gone (2009)
⑤ Between The Raindrops ft. Natasha Bedingfield (2012)


Hanging By A Moment (2000) 

You And Me (2005)

Whatever It Takes (2007)

Halfway Gone (2009)

Between The Raindrops ft. Natasha Bedingfield (2012)



Matchbox Twenty(マッチボックス・トゥエンティ )

活動期間:1995年~2004年 2007年~
米国フロリダ州出身のバンドです。

1996年のデビューアルバムが米国他、カナダ
オーストラリア、ニュージーランドでヒット
その後リリースのアルバムのセールスも好調を
キープします。

2005年にボーカルのRob Thomas(ロブ・トーマス)が
ソロアルバムを発表、ビルボードアルバムチャートで
1位を獲得、シングル「Lonely No More」もヒットします。

さらに、このRob Thomas(ロブ・トーマス)さん
1999年にサンタナと共演した「Smooth」が大ヒットして
2000年のグラミー賞3部門受賞しています。

ということで、バンド名は知らなくてもロブ・トーマス
なら知っているという人も多いと思います。

サンタナとの縁が切れないのか「Smooth」の共演から
20年以上経った2021年に「Move」という曲で再共演して
います。


① If You're Gone (2000) 
② Unwell (2002)
③ She's So Mean (2012)
④ Rob Thomas-Lonely No More (2005)
⑤ Santana-Smooth ft. Rob Thomas (1999)
⑥ Santana,Rob Thomas,American Authors-Move (2021)


If You're Gone (2000) 

Unwell (2002)

She's So Mean (2012)

Rob Thomas-Lonely No More (2005)

Santana-Smooth ft. Rob Thomas (1999)

Santana,Rob Thomas,American Authors-Move (2021)



スポンサーリンク

プロフィール

o0bt5iphim4u

Author:o0bt5iphim4u
FC2ブログへようこそ!

ビートルズの出現以降、1964年頃から洋楽を聴いています。 そんなことで、突然相当むかしの曲を思い出したりします。

カテゴリ

スポンサーリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR