特集ーPanic! at the Disco(パニック!アット・ザ・ディスコ)

洋楽 Now and Thenー(29)


Panic! at the Disco


今回は
Panic! at the Disco(パニック!アット・ザ・ディスコ)
の特集です。


2004年~2015年(バンド)
2015年~ (ソロプロジェクト)

2004年に結成された、米国ラスベガス出身の
ポップロックバンドです。

メンバーの変遷があり、2015年からは
Brendon Urie(ブレンドン・ユーリー)
(ボーカル、ギター、キーボード、ピアノ、ベース)
だけがメンバーのソロプロジェクトになって
います。

音楽的には、「エモ」 「ポップパンク」からスタート
して、アルバムごとに音楽スタイルが変化してきて
いると言われています。


① I Write Sins Not Tragedies (2006)
② Nine In The Afternoon (2008)
③ The Ballad Of Mona Lisa (2011)
④ Miss Jackson ft. LOLO (2013)
⑤ This Is Gospel (Piano Version) (2013)
⑥ Hallelujah (2015)
⑦ Bohemian Rhapsody (Live) (2017)
⑧ Hey Look Ma,I Made It (2018)
⑨ High Hopes (2018)


I Write Sins Not Tragedies (2006)

Nine In The Afternoon (2008)

The Ballad Of Mona Lisa (2011)

Miss Jackson ft. LOLO (2013)

This Is Gospel  (Piano Version) (2013) 

Hallelujah (2015)

Bohemian Rhapsody (Live) (2017)

Hey Look Ma,I Made It (2018)

High Hopes (2018)


スポンサーリンク

特集ーFall Out Boy(フォール・アウト・ボーイ)

洋楽 Now and Thenー(28)


Fall Out Boy(フォール・アウト・ボーイ)


今回は
Fall Out Boy(フォール・アウト・ボーイ)の特集です。

2001年~2009年
(活動休止)
2013年~

2001年に結成された米国出身4人組ロックバンド。

ハードなパンクというだけでなくヒット性のある
ポップな感じも受けますが、個性が強いことは確か
です。


メンバー
Patrick Stump(パトリック・スタンプ)
ボーカル、リズムギター、ピアノ(作詞作曲担当)

Joe Trohman(ジョー・トローマン)
リードギター

Pete Wentz(ピート・ウェンツ)
ベース(作詞担当)

Andy Hurley(アンディ・ハーレー)
ドラムス


① Sugar,We're Going Down (2005)
② Dance Dance (2005)
③ Thnks fr th Mmrs (2007)
④ Beat It (MTV Version) (2008)
⑤ My Songs Know What You Did In The Dark 
    (Light Em Up) (Part 1) (2013)
⑥ Centuries (2014)
⑦ Uma Thurman (2015)
⑧ Irresistible ft. Demi Lovato (2015)
⑨ Hold Me Tight or Don't (2017)


Sugar,We're Going Down (2005)

Dance Dance (2005)

Thnks fr th Mmrs (2007)

Beat It (MTV Version) (2008)

My Songs Know What You Did In The Dark (Light Em Up) (Part 1) (2013)

Centuries (2014)

Uma Thurman (2015)

Irresistible ft. Demi Lovato (2015)

Hold Me Tight or Don't (2017)





スポンサーリンク

特集ーKid Rock/Uncle Kracker

洋楽 Now and Thenー(27) 


Kid Rock/Uncle Kracker 


今回は 
Kid Rock(キッド・ロック)とUncle Kracker(アンクル・クラッカー) 
の特集です。 

まったくのカントリーというわけではありませんが 
カントリー色の強いシンガーで、お互いつながりも あります。 



Kid Rock(キッド・ロック) 


1971年米国出身、活動期間(1990年~ ) 
 
キッド・ロックは、本名とは異なりバンド名と同義です。 
構成は、バック・バンドがTwisted Brown Trucker Band(TBT)) 
ボーカル担当がキッド・ロックです。 

長いインディーでの活動後ヒットアルバムを連発して 
トップシンガーの地位を確立しています。 


① Kid Rock-Picture ft. Sheryl Crow (2002) 
② Kid Rock-All Summer Long (2008) 
③ Kid Rock-Only God Knows Why (1999) 
④ Kid Rock-First Kiss (2015) 
⑤ Kid Rock-Born Free (2010) 


Kid Rock-Picture ft. Sheryl Crow (2002)  

 Kid Rock-All Summer Long (2008)  

 Kid Rock-Only God Knows Why (1999)

Kid Rock-First Kiss (2015)  

Kid Rock-Born Free (2010)
 



Uncle Kracker(アンクル・クラッカー) 


1974年米国出身、活動期間(1997年~ ) 
本名は異なります。 
当初、キッド・ロック(Kid Rock)のDJを担当、その後 
ソロボーカルとして活動を始めています。 

「Drift Away」は、多くの歌手にカバーされた曲で 
MVでは、1973年にカバーしたDobie Gray(ドビー・グレイ) 
をフィーチャーしています。 


① Uncle Kracker-Follow Me (2000) 
② Uncle Kracker-Smile (2009) 
③ Uncle Kracker-Drift Away ft. Dobie Gray (2003) 
④ Uncle Kracker-Good To Be Me ft. Kid Rock (2010) 
⑤ Uncle Kracker-In A Little While (2002)  


 Uncle Kracker-Follow Me (2000) 


 Uncle Kracker-Smile (2009)


 Uncle Kracker-Drift Away ft. Dobie Gray (2003) 


 Uncle Kracker-Good To Be Me ft. Kid Rock (2010) 


 Uncle Kracker-In A Little While (2002) 




  スポンサーリンク

特集ーEurythmics(ユーリズミックス)/Sade(シャーデー)

洋楽 Now and Thenー(26)


Eurythmics(ユーリズミックス)/Sade(シャーデー)


今回は
Eurythmics(ユーリズミックス)とSade(シャーデー)
の特集です。

共に、女性ボーカルを中心にしたバンドで
1980年代から90年代にかけて活躍しました。


Eurythmics(ユーリズミックス)

(1980~1990) (1999~2005)

イギリス出身
Annie Lennox(アニー・レノックス)と
Dave Stewart(デイヴ・スチュワート)のデュオ。

アニー・レノックスのソウルフルな歌唱を生か
した曲が特徴です。

「There Must Be An Angel」は
スティーヴィー・ワンダーのハーモニカ・ソロが入り
世界的にヒットし、カバーも多くされています。

是非、広瀬香美さんのカバーを聴きたいところです。


① Eurythmics,Annie Lennox,Dave Stewart
-Sweet Dreams(Are Made Of This) (1983)
② Eurythmics,Annie Lennox,Dave Stewart
-Here Comes The Rain Again (1984)
③ Eurythmics,Annie Lennox,Dave Stewart
-Love Is a Stranger (1982)
④ Annie Lennox-Why (1992)
⑤ Annie Lennox-Walking on Broken Glass (1992)
⑥ There Must Be An Angel(Playing With My Heart) (1985)


Eurythmics,Annie Lennox,Dave Stewart
-Sweet Dreams(Are Made Of This) (1983)

Eurythmics,Annie Lennox,Dave Stewart
-Here Comes The Rain Again (1984)

Eurythmics,Annie Lennox,Dave Stewart
-Love Is a Stranger (1982)

Annie Lennox-Why (1992)

Annie Lennox-Walking on Broken Glass (1992)

There Must Be An Angel(Playing With My Heart) (1985)



Sade(シャーデー)

(1982~ )

Sade(シャーデー)は
女性ボーカルSade Adu(シャーデー・アデュ)を
中心とするイギリスのバンドです。

Sade Adu(シャーデー・アデュ)は、1959年
ナイジェリア生まれの英国育ちです。

1984年にリリースされたデビューアルバムが
世界的なヒットになり、シングルリリースされた
「Smooth Operator」が米国ビルボードホット100
の上位に入るヒットとなりました。


① Sade-Smooth Operator (1984)
② Sade-The Sweetest Taboo (1985)
③ Sade-Is It A Crime (1986)
④ Sade-Paradise (1988)
⑤ Sade-Nothing Can Come Between Us (1988)
⑥ Sade-No Ordinary Love (1992)


Sade-Smooth Operator (1984)

Sade-The Sweetest Taboo (1985)

Sade-Is It A Crime (1986)

Sade-Paradise (1988)

Sade-Nothing Can Come Between Us (1988)

Sade-No Ordinary Love (1992)





スポンサーリンク

新曲(New Song)2021.8~

洋楽 Now and Thenー(25)


新曲(New Song)2021.8~


今回は
2021年8月以降リリース(ミュージック・ビデオ)
された曲の中から何曲か紹介します。

カントリー系が頑張ってますね。
TWICEがビルボードのチャートに入りました。
ネッサ・バレットは、TikTokで人気になりました。


① ジャスティン・ビーバー
② アンディー・グラマー
③ ケイシー・マスグレイヴス
④ ウォーカー・ヘイズ ft. ケシャ
⑤ ケーン・ブラウン
⑥ ネッサ・バレット
⑦ トゥワイス


① Justin Bieber-Ghost
② Andy Grammer-Damn It Feels Good To Be Me
③ Kacey Musgraves-justified
④ Walker Hayes-Fancy Like ft. Kesha
⑤ Kane Brown-One Mississippi
⑥ Nessa Barrett-i hope ur miserable until ur dead
⑦ TWICE-The Feels


Justin Bieber-Ghost

Andy Grammer-Damn It Feels Good To Be Me

Kacey Musgraves-justified

Walker Hayes-Fancy Like ft. Kesha

Kane Brown-One Mississippi

Nessa Barrett-i hope ur miserable until ur dead

TWICE-The Feels



スポンサーリンク

特集ーCher(シェール)

洋楽 Now and Thenー(24)


Cher(シェール)


今回は
Cher(シェール) の特集です。


Cher(シェール)(1946~)は、 米国出身で
「ソニー&シェール」名の夫婦デュオで活動を始め
ヒット曲もありましたが、1975年に離婚。

離婚直後、ミュージシャンのグレッグ・オールマン
と再婚しますが、1979年に離婚。
その後、女優業へ活動をシフトする期間がありまし
たがソロ活動を続け、1998年にリリースしたシングル
「Believe」がヨーロッパから火が点き大ヒットして
米国でも1位を獲得しました。

2000年以降は、ワールド・ツアーの開催
2013年 アルバムのリリース
2018年 映画「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」
に主人公の祖母役として出演
2018年 映画出演を契機にABBAの楽曲をカバーした
トリビュート・アルバム「Dancing Queen」をリリース
2020年 ユニセフ基金としてABBAの 「Chiquitita」
(チキティタースペイン語版)をリリース

など、活動しています。


Dark Lady (1974)
Gypsys Tramps And Thieves (1971)
Half Breed (1973)
If I Could Turn Back Time (1989)
Save Up All Your Tears (1991)
Love And Understanding (1991)
Believe (1998)
Woman's World (2013)
GIMME! GIMME! GIMME! (A Man After Midnight) (2018)
Dancing Queen (2018)
⑪ Chiquitita (2020)
⑫ Sonny & Cher-I Got You Babe (1965)
Sonny & Cher-Little Man (1966)


Dark Lady (1974)
Gypsys Tramps And Thieves (1971)
Half Breed (1973)


If I Could Turn Back Time (1989)

Save Up All Your Tears (1991)

Love And Understanding (1991)

Believe (1998)


Woman's World (2013)

GIMME! GIMME! GIMME! (A Man After Midnight) (2018)

Dancing Queen (2018)

Chiquitita (2020)


Sonny & Cher-I Got You Babe (1965)

Sonny & Cher-Little Man (1966)




スポンサーリンク

特集ーPhil Collins (フィル・コリンズ)

洋楽 Now and Thenー(23)


Phil Collins (フィル・コリンズ)


今回は
Phil Collins (フィル・コリンズ)の特集です。


(1951~) イギリス出身

1970年、ジェネシスにドラマーとして加入
1981年以降はソロとしても活動
アース・ウィンド&ファイアーのリード・ボーカル
フィリップ・ベイリーとのデュエット曲
「イージー・ラヴァー」(1984年)などをリリース
します。

2008年4月、引退を表明
その後、引退宣言を撤回し活動を再開
2011年3月再び引退宣言
2015年再活動宣言

2020年3月には、ジェネシスの再結成が発表され
ましたが、新型コロナウイルス感染症の世界的
流行の影響で延期となっています。


① Genesis-Invisible Touch (1986)
② Genesis-That's All (1983)
③ Phil Collins-Against All Odds (1984)
④ Philip Bailey、Phil Collins-Easy Lover (1984)
⑤ Phil Collins-One More Night (1984)
⑥ Phil Collins-Sussudio (1985)
⑦ Phil Collins-Two Hearts (1988)
⑧ Phil Collins-In The Air Tonight (1981)


Genesis-Invisible Touch (1986)


Genesis-That's All (1983)


Phil Collins-Against All Odds (1984)


Philip Bailey、Phil Collins-Easy Lover (1984)


Phil Collins-One More Night (1984)


Phil Collins-Sussudio (1985)


Phil Collins-Two Hearts (1988)


Phil Collins-In The Air Tonight (1981)




スポンサーリンク

特集ー銀行強盗のシーンがあるMV(ミュージックビデオ)

洋楽 Now and Thenー(22)


銀行強盗のシーンがあるMV(ミュージックビデオ)

今回は
銀行強盗のシーンがあるMVの特集です。


かなりハードなものもあります。

ジャスティン・ビーバーは、「Let Me Love You」
では歌だけの参加でしたが、「Hold On」では
実行犯に格上げされています。

いろいろな覆面(マスク)なども参考になりそう
です。

※ 銀行強盗は、バーチャルの世界だけにしま
しょう!


①マルーン5 (2012)
②DJ.スネーク ft. ジャスティン・ビーバー
(2016)
③ジャスティン・ビーバー (2021)
④グリーン・デイ (2016)
⑤ザ・ウィークエンド (2016)


① Maroon 5-Payphone ft. Wiz Khalifa
② DJ. Snake
-Let Me Love You ft. Justin Bieber
③ Justin Bieber-Hold On
④ Green Day-Bang Bang
⑤ The Weeknd-False Alarm


Maroon 5-Payphone ft. Wiz Khalifa (2012)


DJ. Snake
-Let Me Love You ft. Justin Bieber (2016)


Justin Bieber-Hold On (2021)


Green Day-Bang Bang (2016)


The Weeknd-False Alarm (2016)





スポンサーリンク

プロフィール

o0bt5iphim4u

Author:o0bt5iphim4u
FC2ブログへようこそ!

ビートルズの出現以降、1964年頃から洋楽を聴いています。 そんなことで、突然相当むかしの曲を思い出したりします。

最新コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR