特集ーJourney (ジャーニー)

洋楽 Now and Thenー(11)

Journey (ジャーニー)


今回は
Journey(ジャーニー)の特集です。

Journey(ジャーニー)は
米国、サンフランシスコで結成された
ロックバンドです。

(1973~1987)
(1991)
(1995~)

1970年代中期以降、メンバー交代、解散
再結成を経て現在も活動しています。

2018年10月1日に出版された
「史上最も人気のある100のロックバンド」
(ウォール・ストリート・ジャーナル)
では、18位に入っています。

バンドの隆盛(ヒット量産)期が、1980年代
であり、ボーカルのスティーヴ・ペリーの
在籍時と重なるため、Journeyの曲というと
スティーヴ・ペリーを聴くということになり
ます。

来日公演もコンスタントにこなし、日本での
人気も高いバンドです。


※ Open Arms(オープン・アームズ)について

1982年にリリースされた「Open Arms」は
1995年にマライア・キャリーによる
カバー・バージョンが発表されています。

また、2004年には日本映画「海猿」の主題歌と
して起用された他、日産エルグランドのCM
にも起用されました。


① Separate Ways (1983)
② Don't Stop Believin' (1981)
③ Faithfully (1983)
④ Any Way You Want It (1980)
⑤ Who's Crying Now (1981)
⑥ Send Her My Love (1983)
⑦ Open Arms (1982)


Separate Ways (1983)


Don't Stop Believin'  (1981)


Faithfully (1983)


Any Way You Want It (1980)


Who's Crying Now (1981)


Send Her My Love (1983)


Open Arms (1982) 




 スポンサーリンク

特集ーRoxette/The Cranberries

洋楽 Now and Thenー(10)

Roxette/The Cranberries

今回は
Roxette(ロクセット) と
The Cranberries(ザ・クランベリーズ)の
特集です。


Roxcette(ロクセット)

(1986~2019)スウェーデン出身
ロック・ポップスの男女デュオ
2019年ボーカルのマリーが病死
活動終了しました。


① THE LOOK (1989)
② Listen To Your Heart (1988)
③ Dangerous (1989)
④ It Must Have Been Love (1987)
⑤ Joyride (1991)
⑥ Fading Like Flower (1991)


※ 「It Must Have Been Love」 は
リチャード・ギア、ジュリア・ロバーツ主演
1990年アメリカ映画
Pretty Woman(プリティ・ウーマン)挿入曲


THE LOOK (1989)


Listen To Your Heart (1988)


Dangerous (1989)


It Must Have Been Love (1987)


Joyride (1991)


Fading Like A Flower (1991)






The Cranberries(ザ・クランベリーズ)

(1989~2003) (2009~2019)
アイルランド出身のロックバンド
2018年ボーカルのドロレス・オリオーダン
が死亡、その後バンドは解散しました。


① Linger (1993)
② Dreams (1992)
③ Zombie (1994)
④ Ode To My Family (1994)
⑤ When You're Gone (1996)


※ 「Dreams」は、1998年アメリカ映画
トム・ハンクス、メグ・ライアン主演の
「ユー・ガット・メール」 や日本企業の
CMにも採用


Linger (1993)


Dreams (1992)


Zombie (1994)


Ode To My Family (1994)


When You're Gone (1996)





スポンサーリンク

特集ーAce of Base (エイス・オブ・ベイス)

洋楽 Now and Thenー(9)


Ace of Base (エイス・オブ・ベイス)


今回は
Ace of Base (エイス・オブ・ベイス) の特集です。


エイス・オブ・ベイスは、スウェーデン出身
(1987~)
女性2人、男性2人のグループです。

特徴あるポップで親しみやすい曲調の
ダンスミュージックで、90年代を通じて
世界的にヒットしました。


① All That She Wants (1992)
② The Sign (1993)
③ Don't Turn Around (1994)
④ Happy Nation (1992)
⑤ Living in Danger (1994)
⑥ Never Gonna Say I'm Sorry (1996)
⑦ Wheel of Fortune (1992)
⑧ Beautiful Life (1995)



 All That She Wants (1992)


The Sign (1993)


Don't Turn Around (1994)


Happy Nation (1992)


Living in Danger (1994)


Never Gonna Say I'm Sorry (1996)


Wheel of Fortune (1992)


Beautiful Life (1995) 




スポンサーリンク

特集ー日本独自でヒットした曲

洋楽 Now and Thenー(8)

日本独自でヒットした曲

今回は
日本独自でヒットした曲を紹介します。

日本独自のヒットで、一番考えられるのは
日本人歌手がカバーすることによって知ら
れるようになるという場合ですが、それ以外
にも企業のTVCMに採用されて徐々に浸透
していくことも結構あるようです。


ヴィレッジ・ピープル-Y.M.C.A(1978年)
西城秀樹が YOUNG MAN(Y.M.C.A.)
というタイトルで1979年にリリースして
大ヒットしました。


ボニー・タイラー-Holding Out For A Hero
(1984年)
麻倉未稀が
ヒーロー(Holding Out For A Hero)という
タイトルで、TVドラマ「スクールウォーズ」の
主題歌として歌いました。


リッキー・マーティン-Livin La Vida Loca
(1999年)
郷ひろみが ゴールドフィンガー99'という
タイトルでカバーしました。


フィッツ & タントラムス-HandClap
(2016年)
この曲のタイトルの Handclap は、手叩き
のことで、曲の中でも手を叩く振りがあり
ます。
このハンド・クラップで痩身・ダイエット
効果を狙ったダンスエクササイズという
ことで、曲を使っています。

もともとは、韓国のユーチューバーから
広まって、日本に来たようです。

何で、日本のチャートに、しかも上位に
入っているのか疑問に思っていました。


クリーン・バンディット
-Symphony (ft. Zara Larsson) (2017)

2018年、松田聖子(着物姿)と高畑充希が出演
した富士フイルム「アスタリフト ホワイト」
のCMソングに採用されました。


Sia-シャンデリア(2014年)
ミスディオールのTVコマーシャルで
おなじみです。
2017年くらいから放送しているようなので
結構長い間流れていたと思います。

※ 9月上旬(2021年)には、新しいCMに替わっ
てました。

ジャニス・ジョプリン(Janis Joplin) の
「Cry Baby 」という曲です。
ジャニス・ジョプリンは、1960年代後半に
活躍した女性ロックシンガーで、1970年に
27歳で亡くなりました。
「Cry Baby 」はカバー曲で、没後の1971年に
リリースされています。



①Village People-Y.M.C.A
②Bonnie Tyler-Holding Out For A Hero
③Ricky Martin-Livin La Vida Loca
④Fitz and The Tantrums-HandClap
⑤Clean Bandit-Symphony (ft. Zara Larsson)
⑥Sia-Chandelier 

Janis Joplin-Cry Baby


Village People-Y.M.C.A

Bonnie Tyler-Holding Out For A Hero

Ricky Martin-Livin La Vida Loca

Fitz and The Tantrums-HandClap

Clean Bandit-Symphony (ft. Zara Larsson)

Sia-Chandelier


Janis Joplin-Cry Baby




スポンサーリンク

特集ーThe Killers(ザ・キラーズ)

洋楽 Now and Thenー(7)


今回は
The Killers(ザ・キラーズ) の特集です。

ザ・キラーズは、2002年から活動する米国の
ロックバンドです。

Human(2008年)という曲を
初めて聴きましたが、その前年あたりに
日本でMVを撮影したRead My Mind(2007年)
もそうですが、まじめで健全なバンドという
印象を個人的には持っています。

日本では、爆発的な人気とはいかなくても
米英では、ポピュラーで堅実な人気がある
ようです。


① Mr. Brightside (2003)
② Somebody Told Me (2004)
③ Read My Mind (2007)
④ Human (2008)
⑤ Shot At The Night (2013)
⑥ Caution (2020)
⑦ Quiet Town (2021)



Mr. Brightside


Somebody Told Me


Read My Mind


Human


Shot At The Night


Caution


Quiet Town





スポンサーリンク

特集ー日本で撮影されたMV(ミュージックビデオ)

洋楽 Now and Thenー(6)

今回は
日本で撮影されたMV(ミュージックビデオ)
特集です。


本来のMVとは別に、ツアー時に撮影した
日本版的なものもありますが
それはそれなりに、見所はあるかと思います。

年度の古い順に並べています。

ハート(1990年)
ザ・キラーズ(2007年)
ブラック・アイド・ピーズ(2011年)
ミューズ(2013年)
チャーリー XCX(2014年)
アヴリル・ラヴィーン(2014年)
クリーン・バンディット(2014年)
ザ・チェインスモーカーズ(2015年)
クリーン・バンディット(2018年)
ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー(2018年)
ショーン・メンデス(2018年)

① HeartーSecret
② The KillersーRead My Mind
③ The Black Eyed Peas-Just Can't Get Enough
④ MUSE-Panic Station
⑤ Charli XCX-Boom Clap
⑥ Avril Lavigne-Hello Kitty
⑦ Clean BanditーRather Be ft. Jess Glynne
⑧ The ChainsmokersーRoses ft. Rozes
⑨ Clean BanditーSolo ft. Demi Lovato
⑩ 5 Seconds of Summer-Youngblood
⑪ Shawn Mendes、zeddーLost In Japan


HeartーSecret (1990)

The KillersーRead My Mind (2007)

The Black Eyed Peas-Just Can't Get Enough (2011)

MUSE-Panic Station (2013)

Charli XCX-Boom Clap (2014)

Avril Lavigne-Hello Kitty (2014)

Clean BanditーRather Be ft. Jess Glynne (2014)

The ChainsmokersーRoses ft. Rozes (2015)

Clean BanditーSolo ft. Demi Lovato (2018)

5 Seconds of Summer-Youngblood (2018)

Shawn Mendes、ZeddーLost In Japan (2018)



スポンサーリンク

特集ー一発屋ヒット曲 (one-hit wonder)

洋楽 Now and Thenー(5)

今回は
世間で言うところの一発屋ヒット曲
(one-hit wonder) を紹介します。


「一発屋」については、厳密な定義がある
わけではないので、あくまで相対的な
評価だろうと思います。
当然、蔑称でもありません。


カジャグーグー(1982年)
アハー(1985年)
トーマス・ドルビー(1982年)
ディーヴォ(1980年)
ソフト・セル(1981年)
トニー・ベイジル(1982年)
ロス・デル・リオ(1993年)
スキャットマン・ジョン(1994年)
ザ・カーディガンズ(1996年)

候補
サイー江南(カンナム)スタイル(2012年)

時間が経過すれば、当然入ってくると
思います。


①KajagoogooーToo Shy (1982)
②a-ha-Take On Me (1985)
③Thomas Dolby
-She Blinded Me With Science (1982)
④Devo-Whip It (1980)
⑤Soft CellーTainted Love (1981)
⑥Toni BasilーHey Mickey (1982)
⑦Los Del RioーMacarena (1993)
⑧Scatman JohnーScatman (1994)
(ski-ba-bop-ba-dop-bop)
⑨The CardigansーLovefool (1996)

PSYーGANGNAM STYLE (2012)


KajagoogooーToo Shy (1982)


a-ha-Take On Me (1985)


Thomas Dolby
-She Blinded Me With Science (1982)


Devo-Whip It (1980)


Soft Cell (1981)



Toni BasilーHey Mickey (1982)


Los Del RioーMacarena (1993)


Scatman JohnーScatman (ski-ba-bop-ba-dop-bop) (1994)


The CardigansーLovefool (1996)



  PSYーGANGNAM STYLE (2012)







スポンサーリンク

特集ーBananarama/Dead or Alive

洋楽 Now and Thenー(4)


Bananarama/Dead or Alive


今回は
Bananarama(バナナラマ) と
Dead or Alive(デッド・オア・アライヴ)
の特集です。



Bananarama(バナナラマ)と
Dead or Alive(デッド・オア・アライヴ)
両グループともイギリス出身で、日本でも
1980年代後半からのディスコ・ブームに乗り
大ブレークしました。

※ Dead or AliveのYou Spin Me Round は
2009年にFlo Rida(フロー・ライダー)の
Right Round という曲でサンプリングされ
ています。


①Bananarama-Cruel Summer(1983)
②         〃        -I Heard A Rumour(1987)
③         〃        -Venus(1986)


①Dead or Alive-You Spin Me Round(1984)
②        〃         -Something in My House(1987)

Flo Rida - Right Round ft. Ke$ha(2009)




Cruel Summer(1983)


I Heard A Rumour(1987)


Venus(1986)





You Spin Me Round (Like a Record) (1984)


Something in My House (1987)



Flo Rida - Right Round ft. Ke$ha(2009)




スポンサーリンク

特集ーエレクトロ・ポップ、ダンス・ポップ曲(2005~2011)

洋楽 Now and Thenー(3)


エレクトロ・ポップ、ダンス・ポップ曲(2005~2011)


今回は
2005年~2011年頃のエレクトロ・ポップ
ダンス・ポップ曲を紹介します。


・アリー & AJ 
・ダニティ・ケイン 
・カスケーダ
・コブラ・スターシップ


① Aly & AJ-Potential Breakup Song (2007)
② Danity Kane-Damaged (2008)
③ Cascada-Eveytime We Touch (2005)
④ Cascada-Evacuate The Dancefloor (2009)
⑤ Cobra Starship-Good Girls Go Bad ft. Leighton Meester (2009)
⑥ Cobra Starship-You Make Me feel...ft. sabi (2011)



Aly & AJ-Potential Breakup Song (2007)


Danity Kane-Damaged (2008)


Cascada-Eveytime We Touch (2005)


Cascada-Evacuate The Dancefloor (2009)


 Cobra Starship-Good Girls Go Bad ft. Leighton Meester (2009)


Cobra Starship-You Make Me feel...ft. sabi (2011)






スポンサーリンク

特集ー超能力・宇宙(Psychic・Space)的MV

洋楽 Now and Thenー(2)


今回は
超能力・宇宙(Psychic・Space)的MV の特集です。

超能力や宇宙的なエピソードを扱ったMV
(ミュージック・ビデオ)を集めました。



・M83 (2011年の曲)
・オーディエン ft. レディ・A (2015年)
・カイゴ ft. パーソン・ジェームス (2015年)
・イレニアム、ジョン・ベリオン (2019年)
・ピーター・シリング (1983年)
・ザ・ポリス(1979年)
・ワン・ダイレクション (2015年)
・ケ-ン・ブラウン、ブラックベア (2021年)
・ザ・ウィークエンド (2021)


※ M83

フランス出身エレクトロニック・デュオ
(2001~)
現在は、ソロ・プロジェクト。
「M83」は、うみへび座にある渦巻銀河に由来。


※  The Weeknd 「Die For You」について

2016年のアルバム「Star boy」収録曲で
発売5周年を記念してMVをサプライズ公開。

内容については、SFホラーTVシリーズ
「Stranger Things」 と映画「E.T.」に敬意を表して
います。



① M83ーMidnight City (2011)
② AudienーSomething Better ft. Lady Antebellum (2015)
③ KygoーStole The Show ft. Parson james (2015)
④ILLENIUM、Jon BellionーGood Things Fall Apart (2019)
⑤ Peter SchillingーMajor Tom (Coming Home) (1983)
⑥ The PoliceーWalking On The Moon (1979)
⑦ One DirectionーDrag Me Down (2015)
⑧ Kane Brown,blackbearーMemory (2021)
⑨ The WeekndーDie For You (2021)



M83-Midnight City (2011)


Audien-Something Better ft. Lady Antebellum (2015)


Kygo-Stole The Show ft. Parson james (2015)


ILLENIUM、Jon Bellion-Good Things Fall Apart (2019)



Peter SchillingーMajor Tom (Coming Home) (1983)


The PoliceーWalking On The Moon (1979)


One DirectionーDrag Me Down (2015)


Kane Brown,blackbearーMemory (2021)


The WeekndーDie For You (2021)




スポンサーリンク

プロフィール

o0bt5iphim4u

Author:o0bt5iphim4u
FC2ブログへようこそ!

ビートルズの出現以降、1964年頃から洋楽を聴いています。 そんなことで、突然相当むかしの曲を思い出したりします。

カテゴリ

スポンサーリンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR